MENU

交通事故治療

交通事故にあわれたら

1. 警察へ連絡

軽はずみな示談交渉はしないで、警察を呼んで実況見分、メモや写真をマメに撮っておきましょう。単独事故の場合も同様です。

2. 保険会社へ連絡

状況を具体的に伝えましょう。

3. まずは病院へ

事故時は痛みは無くても後から痛くなるときがあります。診察後は診断書をもらいましょう。

4. 病院 or/and 整骨院へ

単独でも併用でも構いません。通院は個人の意思です。

5. 自動車修理工場など

物損。

6. 弁護士事務所へ相談

賠償・後遺症・トラブルなどを解決します。弁護士特約があれば無料です。

当院で施術を受けることのメリット

  • 賠償のアドバイス、法律事務所への紹介も可能です
  • 自賠責保険適用により実質0円での施術ができます
  • むちうち症状に効果的なキネシオテーピングによる固定ができます
  • 血流誘導整体による手技療法を施術します
  • 短期間(3ヶ月以内)の治癒をめざします
  • 土曜日午後の施術が可能です

当院より

被害者・加害者様(搭乗者)へ

  • 事故状況を具体的に教えてください。施術内容の参考になります。
  • 保険会社への施術証明書などの手続きは当院がおこないます。
  • 施術場所は、病院からの診断書に基づきます。しか し、後から痛くなった例もありますので何でもおっしゃってください。
  • 交通事故はダメージが強いことが多く、不快な痛みが残ることが多いです。少しの痛みでもしっかり治すことが肝要です。
  • なるべく短期間での治癒をめざします。不必要な延長はいたしません。

保険会社様へ

  • 施術部位は基本的に診断書の内容に従います。あきらかに他部位の障害がみられた場合は追って相談いたします。
  • 固定材料やテーピングなどの別料金が発生する場合は相談いたします。
  • 施術が長期に及ぶ場合は相談いたします。

交通事故Q&A

  • <自賠責保険>
    ・人身事故にのみ適用、物損は対象外
    ・120万円が限度額
    ・7割以上の過失でなければ減額されない
    ・7割以上は2割減額

    <任意保険>
    ・自賠責の限度額を上回った場合

  • もちろん出ます。(休業損害証明書を職場から用意していただきます)
    有休を使用したときも休業損害となります。
    休業に伴う賞与の減額・不支給・昇給・昇格遅延による損害も休業損害となります。

  • 自家用車の場合、往復距離(ガソリン代として1km 15円)、公共のバスの場合は区間分支給されます。ケガ・交通事情にてタクシーが認められる場合もあります。
    <領収書をもらっておきましょう>

  • 必ず必要ということはありません。
    整骨院で発行する施術証明書でも交通事故の人身事故の証明はできます。
    但し、保険会社からの指示があった場合、病院の診断書をもらった方が後の手続きがしやすくなります。

  • 納得いくまで通院していただいて結構です。
    但し、どうしても症状が改善されない場合打ち切りとなる場合がございます。
    この場合、後遺障害等級認定の手続きになります。

リンク集

マスコミに紹介されました
NPOジコサポ
浜松中央法律事務所
日本交通事故調査機構
法律事務所オーセンス
ジコサポ日本
店舗情報バナー